新型コロナウィルス対応について

<新型コロナウィルスへの当院の対応>

当院では通院・出産・入院していただくすべての患者さまと赤ちゃんのために感染防止対策を強化しており、引き続き継続しますのでご理解、ご協力をお願いいたします。

一般的に妊婦の方が肺炎にかかると重症化する可能性がありますので、日頃の健康管理(人が集まるところを避ける・日頃からの手洗い)を徹底するようにしましょう。

【外来受診について】

・外来受診時は、患者様お一人のみ
・受診前に体温を測定し、37.5℃以上の発熱がある場合はお電話してください。
・発熱、せき・息切れ、のどの痛み、関節痛、強いだるさなどの「かぜ症状」、嗅覚・味覚の異常がある場合、来院せずお電話でご相談ください。
・院内に入る際は、必ずマスク着用と入口に設置してある手指消毒を行ってからお入りください。

【その他】
・妊婦の方は、密室での集まりなど不要な外出は控え、手洗いを徹底してください。
・新型コロナウィルスが心配な時は、帰国者・接触者相談センターに相談してください。
・37.5℃以上の発熱や倦怠感が2日以上続く場合は、帰国者・接触者相談センターに相談してください。
・新型コロナウィルスに感染の可能性がある時は妊婦健診の受診を控えてください。
・新型コロナウィルスに感染の可能性がある方で、不正出血や腹痛、破水感などがある場合は、かかりつけの産婦人科で対応できないことがありますので、帰国者・接触者相談センターに相談してください。

日本産婦人科感染症学会ホームページに新型コロナウィルスに関しての随時最新の情報が出ています。掲載される情報を定期的に確認されることをお勧めします。

【立ち合い分娩について】

「同居している健康な家族1名のみ」とさせていただきます。途中交代はできません(詳しくは受診時にスタッフにお問い合わせください)。

【面会制限について】

面会は中止とさせていただきます。

最近の記事

ブログアーカイブ

PAGE TOP