婦人科全般婦人科全般

思春期外来

思春期における婦人科の主な症状


定義では「満18歳を過ぎても初経(初めての月経)を認めないこと」とされます。日本の初経発来の平均年齢は12歳で、14歳までに約98%の人で月経が始まります。
これ以降の年齢であれば一度精密検査を受けたほうがよいと思われます。
ホルモンの異常、子宮や卵巣の異常、膣の異常などないかをみます。
月経が3か月以上停止している状態を言います。一般的な無月経はこの続発性無月経をいいます。
血液検査(ホルモン検査)、超音波検査等を行います。
原因に応じた治療を行いますが、多くはホルモン剤や漢方薬の治療が中心になります。
治療は短期間で終了する場合もあれば、長期間基礎体温をつけながら様子をみる場合もあります。

月経とは通常1ヶ月位の間隔で起こり限られた日数で自然に止まる子宮内膜からの出血をいいます。
  • 間隔の異常
    3週間未満か2ヶ月以上空くこと
  • 量の異常
    ほとんど血が出ない、もしくは塊が出る
  • 期間の異常
    10日以上止まらない
貧血やホルモンの異常がないかの血液検査や、腹部超音波検査等を行います。

誰にでも多少の月経痛はありますが、生活に支障があるほどの痛みがある場合を月経困難症とよびます。
子宮や卵巣に異常がないか超音波検査をします。
鎮痛薬、経口避妊薬(低用量ピル)、漢方療法などの治療法があります。
※経口避妊薬 (低用量ピル)は保険診療でおこないます。

予約について

予約は不要です。

川村産婦人科 〒569-1031 大阪府高槻市松ヶ丘1丁目1番1号 TEL 072-687-7557/FAX 072-687-7887